【男が美肌になる方法】鍵は肌フローラにあり!肌フローラとは!?

【男が美肌になる方法】鍵は肌フローラにあり!肌フローラとは!?

美肌を目指して、スキンケアを頑張る男性が増えています。
洗顔、化粧水、美容液、パックなど、メンズコスメも様々な種類が販売されていますね。

実は、手当たり次第にスキンケアコスメを使ってお手入れしても、美肌になれるとは限りません。
肌のしくみを理解して、理にかなった方法でスキンケアをしないと、美肌になるどころか、逆に肌荒れの原因になったりニキビを作ってしまうことも。

私たちの肌(老若男女問わず)には、目に見えない細菌が住んでいます。
この細菌たちにはいくつかの種類があり、それぞれ数のバランスを取りながら細菌の社会生活を営んでいます。

そして、肌の表面に住む細菌は、私たちの肌を守るバリアとなる物質を作り出しています。
けれど、何らかの原因により、細菌たちの数のバランスが崩れてしまうと、バリアをうまく作れない状態に陥ります。

その結果、バリア機能がうまく作動しなくなった肌は、肌荒れやニキビなどの肌トラブルや、コンディションが不安定なゆらぎ肌などの状態を引き起こすことになるのです。

【男が美肌になる方法】鍵は肌フローラにあり!肌フローラとは!?

男が美肌になる方法

男が美肌になる方法
私たちの肌の上には、数億個もの菌が住んでいます。
そして、その菌たちは肌のバリアや保湿成分を作り出し、肌を弱酸性に保つ働きをしています。

弱酸性に保たれた肌は、天然のバリアや保湿成分の働きによって、炎症やかゆみなどの原因となる悪玉菌の侵入を防ぎ、健康的な美しい状態を維持することができます。

逆に、肌に住む細菌たちのバランスが崩れることにより弱酸性を保つことができなくなった肌は、自分の力で肌を守ることが難しくなるため、ニキビや肌荒れなどのトラブルを起こすようになります。

男性が(女性も)美肌になる方法は、この肌の上に住む細菌たちの作り出すバリア機能を守るやり方でスキンケアをすることです。

肌フローラとは?

肌フローラとは?

肌フローラとは、肌の上に住む何億個もの細菌のことを言います。
フローラとは花畑のこと。

顕微鏡をのぞくと、細菌たちの姿がまるで花畑のように見えることから「肌フローラ」と呼ばれるようになりました。

【肌フローラの性質と特徴】

肌フローラの性質肌の表面(角質層)に住む。肌に影響を与える3種類の菌がある。(善玉菌・日和見菌・悪玉菌)お湯や石鹸で簡単に洗い流されてしまう。
善玉菌の特徴肌を弱酸性に保ちながらバリアを作り、悪玉菌から肌を守る。
日和見菌の特徴肌が弱酸性の状態では、善玉菌を手伝いながらバリアを作る。弱酸性でなくなると、悪さを始める。善玉菌と悪玉菌のバランスに左右される。
悪玉菌の特徴肌がアルカリ性に傾くと活発になり、炎症や化膿を起こす。

肌フローラには、肌の健康や美しさと深く関わる三種類の菌が常に住んでいます。
この三種類の菌のバランスがうまく保たれている状態が、「美肌」を作っています。

「菌は良くないもの」というイメージがありますが、私たちの健康な身体や美しい肌をたもつために、大きな役割を担っていることがわかります。

肌フローラが美肌を作るしくみ

肌フローラが美肌を作るしくみ

肌フローラが美肌を作るしくみはシンプルです。
肌の上に住む善玉菌がエサを食べ、放出される物質が肌を弱酸性に保ちながら潤いを与え、悪さを働く菌から肌を守るというもの。

①肌を弱酸性に保つ

善玉菌は、私たちの皮膚から分泌される汗や皮脂をエサにして生命活動を営んでいます。
そして放出される有機酸や脂肪酸といった酸によって、肌表面を弱酸性に保ちます。

肌が弱酸性に保たれることにより、日和見菌や悪玉菌を善玉菌の味方に付け、肌の健康を維持します。

②肌に潤いを与える

善玉菌は酸の放出と同時に、グリセリンという天然保湿成分を作り出します。
グリセリンは水分を引き寄せ、肌に潤いを与えます。

肌が保湿されることによって、毛穴のつまりがなくなったりキメが整います。
また、ニキビもできにくくなります。

③悪い菌から肌を守る

善玉菌は、「抗菌ペプチド」という、悪さを働く菌から肌を防御する物質も作り出します。
抗菌ペプチドは悪い菌から肌を守るために、なくてはならない大切な存在です。

肌フローラが美肌を作るしくみ

肌フローラは、肌の健康と美しさを作る源です。
目で見ることはできませんが、私たちの肌の上で毎日重要な役割を果たしています。

 

肌フローラを活性化する方法

肌フローラを活性化するには、ちょっとしたコツがあります。
コツを知り実行することで、あなたの肌フローラはいきいきと活動し、健康的な美肌を作ることができます。

洗顔料に気を付ける

洗顔料の選び方に注意する

肌フローラは、毎日の洗顔によって、簡単に流されてしまいます。
ただし、皮膚にいるすべての肌フローラが流されてしまうわけではなく、肌表面には菌が残ります。

肌表面にできるだけたくさんの菌を残し、肌を弱酸性に保つことが重要です。
そのためには、肌フローラに優しい洗顔料を選ぶことが大切になります。

毎日使う洗顔料の中には、肌フローラの活性化を妨げる可能性のある成分が含まれていることがあります。

【肌フローラの活性化を妨げる可能性がある洗顔料の配合成分】

◆アルコール
◆防腐剤
◆界面活性剤
◆抗菌剤

※クレンジングや化粧水などのコスメ、メンズメーク用品にも同じことが言えます。

洗顔方法に気を付ける

洗顔の方法に注意する

【肌フローラを守る洗顔方法】

◆泡立てネットを使う
◆人肌のぬるま湯を使う
◆ゴシゴシこすらず、泡で洗う
◆一日に何度も洗顔しない
◆タオルで水分を吸う(こすらない)

※洗顔料の使用は夜のみにして、朝は使わないのがおすすめ。
洗顔は短時間で済ませ、こすったり叩いたりと刺激しない。

洗顔ブラシなどのグッズの使用はNG!

血流を良くする

スキンケアの方法に注意する
血流が良くなることで、肌フローラは活性化します。
肌表面の温度が高くなると、菌が増えるからです。

身体をあたためたり、きつい服装を避けたりるなど、血液の巡りを良くすることが大切です。
そのほか、肌フローラは汗や皮脂が大好物なので、軽い運動も肌フローラの活性化には最適です。

まとめ

男女を問わず、「肌フローラを守る」ことは美肌になるための絶対条件と言えます。
肌フローラのバランスが整う=健康的な美肌。

美肌になるためには、がむしゃらなスキンケアをやめ、肌フローラが喜ぶケア方法にシフトチェンジしましょう。
行き過ぎたスキンケアで肌表面の細菌バランスを崩してしまっては、元も子もありません。

肌に備わる本来の機能を知り、理にかなったお手入れをすることが、男が美肌になる方法です。
メンズコスメの広告宣伝などに惑わされることのないよう、肌フローラを守るケアをおこなっていきましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事